山内クリニック

品川区 西小山 武蔵小山 内視鏡検査 内科・消化器科 大腸がん検診

苦痛の少ない内視鏡検査

  • 当院では皆様にできるだけ楽に内視鏡検査を受けて頂くために、最先端の内視鏡設備の数々・確かな技術・適度な麻酔等の工夫を凝らしております。

    今まで敬遠されていた方含め、ぜひ一度ご相談ください。

  • 内視鏡設備の充実

    当院では細径(経鼻)胃内視鏡、細径大内視鏡をはじめ、最新の内視鏡設備を整えております。大腸内視鏡検査時にはお腹のはりによる患者さんの負担を軽減するために、炭酸ガス装置も導入致しました。また、日本内視鏡学会のガイドラインで推奨されている内視鏡洗浄装置を用いて感染症等の安全管理も行っております。

  • 確かな内視鏡技術

    内視鏡検査、特に大腸内視鏡検査は、医師の技量の差が大きい検査です。
    当院では、消化器内視鏡学会専門医・大腸肛門病学会専門医の院長が全ての内視鏡検査を担当しております。これまでに約1万件の大腸内視鏡検査を施行し、現在も年間約700件の内視鏡検査・治療を第一線のがん治療専門機関(北里研究所病院)にて施行しております。

  • 適度な麻酔薬の使用

    大腸内視鏡検査の際には適度に鎮痛剤等を使用し、できるだけ苦痛を軽減するようにしております。通常は鎮痛剤のみで十分と考えられますが、ご不安の強い方には鎮静剤の使用(眠った状態で検査)も可能ですので、医師にご相談ください。胃内視鏡検査に関しましては、細径内視鏡のため、咽頭麻酔等で十分楽に検査が受けられると考えております。

胃が不安な方
大腸・肛門が不安な方
  • PAGE TOP